レッドウィング【偽物を売ってるショップ】チェックする箇所はここ!

レッドウィング【偽物を売ってるショップ】チェックする箇所はここ!

レッドウィング【偽物を売ってるショップ】チェックする箇所はここ!の情報です。

 

非常に偽物が多く流通しているレッドウィングですが、どこに偽物が多く存在しているのでしょうか。

 

それがわかると正規品を取り扱う店舗も分かってくることもあります。

 

 

レッドウィングの偽物が多く流通しているのはどこなの?

偽物が確認されているのは、正規ルートを通していないショップ、「並行輸入品」を扱うショップに確認されています。

 

並行輸入品を扱うショップは「並行輸入品」と記載されているのですぐにわかります。

 

並行輸入品は、【正規ルートで輸入をしていない=個人輸入】なので仕入れ先が不透明なので偽物が多く存在しているんですね。

 

*正規品とも並行輸入品とも書かれていないショップはほぼ偽物です、購入前に注意しましょう。

 

追記
*最近は「正規品」と表記して偽物を販売しているショップもでています。

 

レッドウィング正規取扱店をチェック!【楽天】

 

レッドウィング正規取扱店をチェック!【Amazon】

 

レッドウィング正規取扱店をチェック!【ヤフー】

 

レッドウィングの偽物を販売している店舗を知るポイント!【信頼が大事】

購入前にお店をチェックする箇所があります。

 

購入するショップは信頼がないといけません。

 

実店舗(リアル店舗)を構えているようなお店で、全国展開などしていると信頼はありますが、

 

信頼が無い(信頼できない)ショップでの購入はリスクが高くなります。

 

 

 

注意する箇所

必ず見る箇所は。

 

  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 店舗情報

 

です。

 

一つずつ解説しますね。

 

 

住所

信じられないって方もいるかもしれませんが住所が書かれていないショップもよくあります。
ショップがちゃんと存在するのかも不明ですよね。ブラックに近いグレイな感じの印象です。

電話番号

電話番号は書かれていても注意が必要です。
電話番号がスマホや携帯などの090、080、050などは危険です。
プリペイド携帯などを使っていつでも逃げられる状況を作っている偽物サイトの上等手段になっていますし、偽物が届いて返品返金をしようと連絡をしてもつながりません、または相手は電話にでません。

メールアドレス

これも電話番号に似ていますが、メールアドレスが書かれていることはよくあります。
でも、無料メールだと危険になります、ヤフーやGmailなど誰でも作れるメールや捨てアドレスなどに使えたりするアドレスです。
信用のある会社がショップを構えて連絡先にメールを無料アドレスにはしません。

店舗情報

どんな会社かも見てみると発見があります。
実店舗(リアル店舗)がある場合は会社情報に書かれています。
実店舗がある場合はその営業時間いつでも連絡が取れるので安心できますよね。

 

 

初めて購入するお店の場合、購入前にこちらの4点を必ず見るのをおすすめします。

 

住所も電話番号も書いて無くてメールだけが記載されているショップだったり、住所もデタラメな架空の場所だったりいろいろな手法を使っています。

 

 

決して安くはないお買い物です。

 

全く違う商品が届いたりと、

 

リスクが高いお買い物をして残念な気持ちにならないように注意してくださいね。


 

信頼のある店舗で購入するのが安心ですよ。

 

 

レッドウィング正規取扱店をチェック!【楽天】

 

レッドウィング正規取扱店をチェック!【Amazon】

 

レッドウィング正規取扱店をチェック!【ヤフー】